ビックリマンシールの買取鑑定は適格か?

必要のなくなったビックリマンシール、できるだけ高値で買い取ってもらおう!そのためには専門店に査定をお願いしよう! - 急に出てきたビックリマンシールの処理方法

急に出てきたビックリマンシールの処理方法

子供のころに集めていたビックリマンシールが突然出てこともあるでしょう。特に片付けていたりすると懐かしい品物が出てきますが、そのひとつがビックリマンシールであった場合、適切な処理方法をすることで思わぬメリットが生じることがあります。

■今でも価値があるのがビックリマンシール

現在の子供たちにもまだ人気があるのがビックリマンシール。ただ大人となったいま、そのシールの価値がまったくないと感じる人も多いでしょう。しかし子供心をいまでも持ち続けている大人も居て、コレクターとして収集している人もいまだに多いです。そんな人たちが求めているからこそ、売れる可能性があります。子供のころの想い出と片付けてしまい、捨ててしまうようなことがないようにしましょう。

■ヘッドシールだけしか売れないわけではない

通称キラなんて呼ばれていることもあるシールであり、一番価値があります。そのようなシールにこそ、高い値打ちが付きますが、買取ってもらえるのはそれだけではありません。光っていないシールにも価値があります。ヘッドシールよりも、そちらの方を多く持っている人の方が圧倒的に多いですが、けっしてゴミではありません。売れる可能性があります。

■マイナーシールも買取しているお店を

ただ買取店によってはヘッドシールしか扱っていないこともあります。またはチョコ版だけ限定していることもありますので、幅広いビックリマンシールを集めているお店を選ぶようにしましょう。また模倣シーツも当時は多く出回りましたが、そのようなものにも価値がありますので、捨てずに念のために査定を申し込んでください。

■状態はあまりに気にしないように

状態が良ければそれだけ高く売れる可能性がありますが、販売されていた時期も古いことからシールが劣化していることもあるでしょう。そのような場合でも多少査定価格が落ちることになりますが、十分売れる可能性があります。ただその際に綺麗にしようと意気込んでしまい、シールの状態をさらに悪くしてしまうことも。そのようなことがないように、ぞんざいに扱わないで保管しているままの状態で査定を申し込んでください。

■基本はビックリマンシールを扱うお店に持ち込もう

とても大切なことになります。ホビー製品の買取を行うお店が増えていますが、基本は専門店に売ることです。ビックリマンシールであれば、それに強いお店を選ぶようにしましょう。たったこれだけでも高額査定が付く可能性が高まります。

関連する記事

Copyright(C)2017 ビックリマンシールの買取鑑定は適格か? All Rights Reserved.